バナー

iPhoneをバックアップしてトラブルに備える

iPhoneを使用していく上で大切なことは、さまざまな情報が入っているので、しっかりとバックアップを意識して使用していくということです。

バックアップの方法は、iCloud等でバックアップする場合や、パソコンやMac等で、バックアップすることです。

本当のiPhone6sのサイズ情報を調べられるこのサイトはオススメです。

どちらでもバックアップできますが、iCloudの場合は容量不足になる場合もあるので、気をつけたほうが良いでしょう。

他種類に及ぶiPhone6sの予約関連のノウハウを解説します。

パソコンやMac等は、非常に容量が大きいので、iPhoneの全てをバックアップしても、問題がない場合がほとんどでしょう。


しかしパソコンやMacが、容量不足で保存できない場合は、外付けハードデスク等を指定して、バックアップすることで解決するようにしましょう。

パソコンやMacでバックアップする場合は、iTunesを使用してバックアップすることになりますが、設定でバックアップ先を変更することができるので、外付けデスクの場合は、保存先を変更して利用するようにしましょう。

iPhoneは、使っているうちにさまざまな不具合が出てくる場合があります。そういった際にもバックアップがないと、復元することができなくなので、普段から、こまめにバックアップするようにしましょう。



もちろんiCloudでも、有料で容量を大きくすることができるので、クラウド上にバックアップしたい場合は容量を増やしてから利用すると、よいのではないでしょうか。

安心してiPhoneを利用していくためにも、バックアップをしっかりとしていくことが大切です。