バナー

機種変更後のiPhoneの活用方法

日本で最も利用者が多く人気の高いスマートフォンであるiPhoneは定期的にOSのメジャーアップデートが行われるため一度購入すれば長く使い続けることができる数少ないスマートフォンの一つであると考えることができます。
長く使い続けることができるという面がある一方で、iPhoneは毎年のように新モデルがリリースされ発表会の様子はメディアでも大々的に取り上げられています。

現在大手キャリアと契約を結んでiPhoneを利用する場合、端末の本体代金を2年間の割賦方式で支払うという方式が主流になっていることもあり、多くの人が本体代金の支払いが完了する2年おきに機種変更を行っています。

最新式のiPhoneに機種変更をした場合、それまで使っていた旧型のものは十分に実用に耐えうる性能を有しているケースが多く、機種変更後にタンスの肥やしとするのは非常に勿体無いことだと考えられます。

機種変更後にそれまで使っていた端末はどのように活用するのが効果的なのでしょうか。

iPhone6Sの在庫の情報はココで集まります。

最も一般的かつポピュラーな方法がキャリアの下取りサービスを利用したり中古品取扱業者に売却することとなります。
旧端末を下取りに出すことで新端末を割引価格で購入できるサービスは多くありますし、iPhoneは人気が高いため多少古い端末でも高額買取が期待できるのです。



また、そのまま保有し続ける場合にはiPodtouchのように携帯音楽プレーヤーとして利用したり、IP電話アプリを導入して自宅用の固定電話のように使う方法がおすすめとなります。